上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども編集Sです。暑くて溶けそうな日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 編集0がセキュリティ・キャンプの取材に行っていることもあり、ここ数日は、ネタ集めと称してネット徘徊に勤しんでおります。
7月末~8月初旬にかけて米国ラスベガスで開催されたBlack Hat・DEFCONの情報もあがってきているようなので、ここでまとめておきます。

●BlackHat
Black Hat USA 2007:閉幕レポート(Open Tech Press 原文:Linux.com)
Black Hat USA 2007 - 過去最大規模でBriefings開幕、話題の講演が目白押し(マイコミジャーナル)
Black Hat USA 2007 - 外部からイントラネット内を攻撃 - JavaScriptなしで再現(マイコミジャーナル)
Black Hat USA 2007 - ホットスポットでWeb 2.0は危険 - サイドジャッキングをデモ(マイコミジャーナル)
Black Hat USA 2007 - 万全ではないOS Xのセキュリティ対策、iPhoneにも影響(マイコミジャーナル)
Black Hat USA 2007 - WebセキュリティのSPI、Ajaxのリスクとスーパーワームを警告(マイコミジャーナル)
Black Hat USA 2007 - つくられたデジタル画像の秘密を暴く(マイコミジャーナル)
Black Hat USA 2007 - セキュリティの心理学、攻撃者が利用する心の動き(マイコミジャーナル)
Black Hat USA 2007 - 初の"サイバー戦争"!? 狙われたIT先進国エストニア(マイコミジャーナル)

毎コミさんの情報が充実してますねぇ。また、いくつかのブログでも取り上げられています。

高橋晶子のセキュリティ漂流記
風見鶏のひとりごと

高橋さんは住商情報システムの方で、PacSecの運営にも関わっておられる様子(取材のときはよろしくお願いします)。一方の風見鶏さんもおそらくセキュリティ関連企業の某社の方だと思います。

●DEFCON
SNSの脆弱性、ハッカーカンファレンスで公表(IT media)
Defcon 15:明らかになった秘密と不満(IT media)

今年のDEFCONでは、NBCのニュース番組"Dateline"が、こっそりとレポーターを送り込み覆面取材を試みようとしたらしいのですが、DEFCONのスタッフによってあえなく失敗に終わったという話題も出ています。TV局はDEFCON取材でよくトラブルを起こしていますね。
余談ですが、取材に行った編集Oによると、今年のDEFCONではCTF会場などは撮影禁止だったそうですが、このトラブルが影響しているのかもしれませんね。

ググって他も探してみると、プレゼン資料を公開しているところもありました(もちろん現在では公開されていませんが…)。

ちなみに10月8日発売の本誌11月号の付録では、なんとDEFCON 15で配布されるCD-ROMの中身をすべて収録する予定です。乞うご期待。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hackerjapan.blog55.fc2.com/tb.php/76-07df199d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。