上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月発売予定のHackerJapan5月号、巻頭カラーは笠原利香さんによる海外ハッカー・インタビュー。インタビュイーはBlackHatの常連スピーカーであるダン・カミンスキーさん。ただいま原稿整理中なのですが、彼はセキュリティについて勉強するのに「CRYPTO-GRAM」をひたすら読みまくったそうです。

「CRYPTO-GRAM」は大御所暗号学者のブルース・シュナイアー氏によるフリーのニュースレター、月刊です。調べてみると日経BP社による日本語版もあるようです。

で、この中に面白い記事があったので、ここで簡単に紹介します。
【CRYPTO-GRAM日本語版】内部関係者の脅威に関する統計

・企業の従業員の5人に1人(21%)は,会社から貸与されたパソコンでインターネット・アクセスすることを家族や友人に許している
・半数以上(51%)が,会社のパソコンに個人所有の周辺機器やガジェットを繋いでいる
・そのうち25%は,毎日こうした操作を行っている
・全体の約60%は,個人的なデータを会社のパソコンに保存していると答えた
・10人に1人は,禁止されているコンテンツのダウンロードを職場で行ったことがある
・3分の2(62%)は,ITセキュリティに関する知識をほとんど持っていないと認めた
・半数以上(51%)が,仕事用パソコンにインストールされているアンチウイルス・ソフトウエアのアップデート方法を知らなかった
以下続く

欧州の統計のようですが、日本でも似たような結果になるのではないでしょうか?
Winnyの暴露ウイルスによる情報漏えい事件が連日ニュースを賑わしていますが、その背景にあるユーザーの意識はこんな感じなのかもしれませんね。

話がそれてしまいましたが、5月号のインタビュー記事は結構面白いと思います。ご期待くださいませ。
(編集S)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hackerjapan.blog55.fc2.com/tb.php/6-6508e408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。