上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども。編集Sです。

先日のエントリでも触れたとおり、HackerJapan5月号より連載記事の大幅なリニューアルを行いました。

セキュリティ・コミュニティの活動や、ユーザー向けのセキュリティ情報など、ジャンルの再構成を行い、各記事についても見直しを行ったのがリニューアルのポイントです。

この中で、サイバー攻撃事件や深刻な脆弱性の情報を扱う「ワールド・セキュリティ・ニュース・ダイジェスト」という記事を新たに作りました。「ブラック & ホワイト ハッカーズ」といういうコーナーの1本で、世界のメディアが伝えるハッカーに関するニュースをまとめたものです。

紙幅の都合で紹介できなかったものここにリンクとして掲載します。日々の情報収集にお役立てください。

●2013年1月~2月の主なニュース

・トルコの認証局が中間CA証明書を誤発行、ブラウザーベンダー各社が対応(INTERNET Watch)

・大規模サイバースパイ活動「Red October」、Javaエクスプロイトも使用(COMPUTERWORLD)

・発電所がUSBメモリでマルウェアに感染する事態も――米セキュリティ機関が報告(ITmedia)

・Barracuda Networksのアプライアンスにバックドア、セキュリティ企業が発見(ITmedia)

・Twitterにサイバー攻撃、25万人のユーザー個人情報に不正アクセスの可能性(INTERNET Watch)

・New York Times紙に不正侵入、攻撃手法で対策の課題も明らかに(INTERNET Watch)

・NYTに続きWSJも、「中国ハッカーからサイバー攻撃を受けた」と報道(ITmedia)

・The Washington Postにも中国からハッカー攻撃--E・シュミット氏も新著で同国を警戒(CNET Japan)

・オバマ米大統領、サイバーセキュリティを強化する大統領令を発動(COMPUTERWORLD)

・米機関などへのサイバー攻撃、中国人民解放軍が関与か(ロイター)

・米中サイバー戦争の報告書に便乗した不正メール出回る、日本語のなりすまし版も(ITmedia)

・米エネルギー省にサイバー攻撃、職員数百人の個人情報流出(ITmedia)

・Googleが大手サイトへのアクセスを一時遮断、広告会社のマルウェア感染情報で(ITmedia)

・FRBにサイバー攻撃、米銀行の幹部情報が流出(ITmedia)

・米NBCサイトにサイバー攻撃か、フェイスブックはアクセス遮断(ロイター)

・「罰金払え」と警察装う「ランサムウェア」の作者がドバイで御用 - 100万ユーロを荒稼ぎか(Security NEXT)

・Facebook、「ゼロデイ攻撃を受けたがユーザーデータは無事」と発表(ITmedia)

・Apple社内のMacもマルウェア感染、Javaの脆弱性を悪用(ITmedia)

・Microsoftにもサイバー攻撃、Mac事業部門でマルウェア感染(ITmedia)

・米Microsoft、Windows AzureがSSL証明書失効で約12時間サービス機能停止に(INTERNET Watch)

・Security Firm Bit9 Hacked, Used to Spread Malware(krebsonsecurity.com)

・米国で「ゾンビ襲来」の緊急警報、ハッカーがシステム侵入(ロイター)

・バーガー・キングやジープの「Twitter」アカウント乗っ取りが発生(COMPUTERWORLD)

・欧州の政府機関、「MiniDuke」マルウェアの標的に--「Adobe Reader」を経由(CNET Japan)

※ここで紹介しているニュースはリンクであり、掲載元サイトの都合によりハイパーリンクが切れることもあります。あらかじめご了承ください。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hackerjapan.blog55.fc2.com/tb.php/186-15ba32bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ハッカージャパンブログ ワールド・セキュリティ・ニュース・ダイジェスト
2013/07/15(月) 03:58:37 | プラダ アウトレット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。