FC2ブログ

ども編集Sです。

HackerJapan5月号より連載記事を大幅にリニューアルしましたが、以前の隠れた人気連載、偉人たちの功績からハッカーの本質に迫る「レトロハッカーズ」がハッカージャパン・シングル・イシューとしいてKindle Storeに並びました。

名前のとおり、連載記事1本が1冊のKindle本となっています。本誌の冠が付いていますが、発行人は記事を執筆された牧野武文氏ご本人。

4月の下旬より配信が開始され、現在のラインアップは

『完成しなかった蒸気式コンピューター チャールズ・バベッジと階差機関』

『史上最強のエニグマ暗号が暴かれた日 アラン・チューリングとブレッチレーパーク』

『交流・直流戦争から世界システムへ ニコラ・テスラと発明王エジソン』

『開発の勝利と事業の敗北 ライト兄弟とそのライバルたち』

となっています。

掲載時には紙幅の都合で泣く泣く削った写真や図版なども盛り込まれています。価格はどれも1冊100円です。Kindleストアには無料サンプルもありますので、「レトロハッカーズ」の連載が好きだった方は一度ご覧になってはいかがでしょうか?