上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、型落ちのMacBook Proを衝動買い(笑)した編集Sです。これといった使いみちは決めておらず、なんとなくBootCampやらParallels DesktopでWindowsを入れて遊んでみようと思っていました。

そんな中、VMwareからもMac製品がリリースされるというニュースが… その名もFusion。以前からVMware社がアナウンスしていたものですが、ようやく一般ユーザーにもベータ版が公開されました。ダウンロードはこちらから。

機能的にはParallels Desktopと変わりはなさそうに思えます。ただ、FusionではVMwareの仮想マシンのイメージがそのまま使えそうです。これはWin版VMwareのユーザーにとっては大きなメリットになるでしょう。

自分でイメージを持っていなくても、VMwareのWebサイトを通じて、さまざまな仮想イメージを手に入れることができます。ちなみにこの中には本誌読者にはお馴染みのぺネトレーションテストに特化したBackTrack(ただしVer.1)なども含まれています。

すでにレポート記事も出ているようですし、Intel Macのユーザーは試してみてはいかがでしょう。編集子もこの正月休みを使って遊んでみるつもりです。

他にもIntel MacでWindows用のアプリケーションを利用可能にするWineをベースにしたソフトウェア「CrossOver Mac」なるものもあるようです。こちらならWindowsをインストールする必要がないので、よりお手軽に使えそうです。
こちらも開発元のCodeWeaversサイトからベータ版のダウンロードが可能です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。