上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ども編集Sです。6月8日発売の7月号の編集作業も大詰め(日程的には、残りの作業量でいうと… 涙)ですが、ふと空き時間ができたので記事のプチ宣伝をしようと思います。
 7月号では「チャレンジ・ハッキング」という記事を掲載します。一言でいうと、ゲーム感覚でサーバーを攻略するという企画です。
 4名の参加者に2種類のサーバー(FreeBSD 4と6)のVMwareのイメージを配布。参加者はそれぞれのアプローチでサーバーを攻略していくというものです。ゲームの目標はただ1つ。rootのパスワードを探り当てること。どんなやり方をしてもOKです。
 記事では参加者各人、それぞれユニークなアプローチを取っています。正攻法でリモートからExploitを打つ人、仮想マシンのディクスを解析する人、さらに…
 侵入のテクニックもさることながら、各人がどう作戦を立てたのか? その考え方もわかるようにレポート形式の記事にしています。続きは本誌でお楽しみください。

 そんな企画不謹慎だ! なんて声も聞こえてきそうですが、古いサーバーをメンテナンスもせず、そのまま放置しているとどんなことになるのか? その危険性を感じてもらうのが狙いです。

 ちなみにVMwareのイメージは付録DVD-ROMに収録してあるので、読者の方も実際に試せるようになっています。答え(rootのパスワード)は誌面では明かしません。それは読者の方も参加者と同じようにチャレンジしてみてほしいからです。答えがわかるとどうやらいいこともあるようです。どんないいことなのかは今は内緒です。

それではお楽しみに!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。